クレジットカードを持っていなくても大丈夫!携帯現金化で現金を用意しよう!

使うのはキャリア決済なので携帯電話を売る必要はなし

携帯現金化で利用するのは携帯電話のキャリア決済のサービスです。

現金化の仕組みについて簡単に説明すると

携帯現金化業者へ現金化を申し込む

業者の指定する商品をキャリア決済で購入する

購入確認後に指定した口座へ申し込んだ分の現金が振込まれる

過去にクレジットカード現金化を利用した来た人ならピンときたかもしれませんがクレジットカード現金化で言う所のクレジットカードがキャリア決済に変わっただけなので仕組みは殆ど一緒です。

審査不要でキャリア決済対応携帯電話さえ持っていれば誰でも現金化可能

携帯現金化が選ばれる理由に「審査不要」な点もあります。

借入を申し込みする際に必ず審査が入り自分の年収や個人の信用情報(過去の借入の遅延や滞納歴)は特に念入りに確認するので審査に通らないと言う人も多く通っても開始まで時間が掛かるので今すぐ欲しい時に対応できない等の問題もありました。

一方で携帯現金化の場合は現金を用意して貰える点では同じですがこちらはキャリア決済で購入した商品を買い取りし買い取ったお金を現金として振込まれるので審査をする必要性がありません。

審査不要のもう1つのメリットと時間短縮もあり審査に通ったが融資開始まで数時間~数日待たされる事も無いので最速で5分以内、遅くても申し込んだ当日中には現金を用意する事もできて1分でも早く現金を用意したい時に便利です。

携帯現金化は審査不要でキャリア決済対応の携帯電話さえ持っていれば誰でも現金を用意して貰えて良い事づくめ!…と言いたい所なのですが携帯現金化でもデメリットや注意しないといけない点が幾つかあります。

こちらも説明していきましょう。

キャリア決済非対応の携帯電話会社の携帯は利用できない

携帯現金化はキャリア決済に対応している携帯電話に限られるのは先ほどお話した通りですが現代の携帯事情は変わってきており回線を借り受けサービスを一部削る事で格安で提供する格安SIMや格安スマホ、所謂MVNOを事業としている携帯電話会社も増えてきており日々の携帯電話代節約でこちらを契約している人も今では増えてきています。

しかしその削られたサービスの中にはキャリア決済も含まれておりキャリア決済を利用できるのは現時点でドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイルと大手キャリアのみです。

その為MVNOで契約している人は例えスマートフォン本体が大手キャリアの物を使っていたとしてもキャリア決済に対応していないので利用する事ができず当然現金化もできないので最初から対象外となります。

キャリア決済にも限度額があるので金額次第では現金化ができない

現金化というよりもキャリア決済の落とし穴として限度額の存在があります。

クレジットカードに限度額があるようにキャリア決済にも限度額が設定されており使える限度額はキャリアとの契約年数や利用状況によって変化しますが大手3社共に10万円までが最高限度額として設定されています。

つまり10万円までならキャリア決済での現金化に対応できます。

しかしそれ以上の金額になると限度額を超えている為決済できず現金化自体ができないので注意が必要です。

現金化を行う際には10万円以内でのみ携帯現金化できると覚えておくのが安全です。

現金化してもらった金額次第では返済が困難になる恐れがある

携帯現金化はキャリア決済を利用する必要があると説明しました。

利用した以上は使った分だけのお支払いが必要になります。

幸い支払い方法は翌月の携帯代と一緒にお支払いをすれば良いので支払い自体は簡単ですが使った代金が大金の場合は支払いに支障をきたす恐れがあります。

その理由としてキャリア決済はクレジットカードで言う所の「一括返済」しかできない為分割やリボ払いの様に一括では無理だから毎月決められた額を支払っていくと言う返済方法ができないからです。

なので限度額ギリギリまで現金化したは良いけれど翌月の携帯代返済に支障をきたして支払えなくなり最悪の場合は強制解約させられてしまう危険性もあります。

携帯現金化については以上となります。

メリットとデメリットもそれなりに多いですが上手く使いこなせればお金が無くてピンチの時に手助けをしてくれます。

利用する際にはちゃんと返済の目途も先に立てた上で計画的に行えば審査もなくてすぐに現金を用意して貰える手軽さと早さはとても心強いです。

【現金調達で悩んでいるなら下記サイトも注目してみて下さい】

優良業者で現金を作る換金方法
丁寧な接客で安心できるスタッフがいる優良店で相談できる店舗探し