ラストチェンジは他社よりも高い換金率を提案してくれる便利な現金化業者

ラストチェンジはオンライン完結型のクレジットカード現金化業者です。

申し込みは公式サイトからオンラインでのみ行うことが可能で、その後は電話連絡とネットショッピングによって現金化の手続きを進めるシステムになっています。

店頭に行く必要がないため、日本全国どこからでも即日での現金化に対応することができます。

また他社よりも高い換金率を保証していたり、手続きに必要な書類を簡素化するなどラストチェンジでは利用者目線に立った様々な施策が行われています。

ここではそんなラストチェンジの特徴について、より詳しく解説していきます。

ラストチェンジでは他社よりも1%以上高い換金率を提案中

ラストチェンジの現金化において重要になるのが換金率という数字です。

換金率とは要するに、クレジットカード現金化の効率を表す指標になります。

たとえばカードのショッピング枠を使って1万円で購入した商品を8千円で売って現金化した場合には換金率は80%となります。

中古商品の買取相場は新品定価の50%以下になることも珍しくありませんから、自分で商品を購入して中古販売しても換金率はかなり低くなってしまいます。

一方で現金化の専門業者を使った場合には手数料が差し引かれるため、やはり換金率は70?80%以下になるのが普通です。

しかし現在ラストチェンジでは他社よりも換金率が低かった場合、相手の換金率よりも1%以上高い換金率を提案するというキャンペーンが行われています。

その結果、ラストチェンジの換金率は99%近い数値になることすらあります。

ラストチェンジの利用に必要な身分証は1種類のみ

クレジットカード現金化業者を利用する際には必ず身分証の提示が必要になります。

ラストチェンジのようにオンラインで完結するタイプの業者では身分証の提示は写真を撮影してアップロードする形式で行われますので、スマホさえあれば問題なく提出が可能です。

しかし業者によっては身分証に加えて住所確認のための公共料金支払い書などを合わせて提示することが求められる場合があります。

なるべく早く現金化を済ませたい利用者によって必要書類を複数揃えるのは相当な手間とストレスになります。

そのためラストチェンジでは身分証は1種類のみの提示で済むように工夫されています。

特に顔写真付きの運転免許証やマイナンバーカードがあれば非常にスムーズに本人確認が終わるため、とにかくスピード重視の現金化を希望している人にもラストチェンジは向いていると言えるでしょう。

ラストチェンジ利用時には利用条件を確認しておく

ラストチェンジを利用可能なのは20歳以上で本人名義のクレジットカードを所有している人となります。

公式サイトの申し込みフォームにはカード名義のチェック項目に敢えて「家族名義」と「本人・家族名義以外」のカードにチェックが入れられるようになっていますが、これは恐らく利用規約をきちんと読んでいるかどうかを確認するためのものです。

ただし本人名義のカードを持っていなくても申し込み後に電話相談を受け付けてもらうことは可能です。

また所有するクレジットカードのショッピング枠に余裕があることもラストチェンジを利用する条件の一つです。

ショッピング枠の残りがそのまま現金化可能な上限金額になると考えるとわかりやすいでしょう。

ラストチェンジの換金率保証制度は現金化業者を選ぶ上では決定的な理由になり得ます。

また手続きに必要な身分証が1種類で済むのも現金化を急いでいる人には非常にありがたい仕組みであると言えるでしょう。

ただしラストチェンジを利用するためには本人名義のクレジットカードが必須となる点だけは忘れないようにしましょう。

以上のポイントを押さえておけば、ラストチェンジを使ったクレジットカード現金化で失敗するとはないはずです。

ラストチェンジ換金率100%に出会えて良かった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です